中学受験を経験することで成長を感じる

中学受験は受験そのものだけではなく、そこに至る過程や受験のあとも重要です。

例えば受験の前は中学を受験するかどうか決めること、受験するにあたって必要になってくる勉強をしっかりと行うことで忍耐強さや目標に向かって努力する力をつけることが出来るでしょう。
また、受験後は合格・不合格という結果が出ることになりますが、中学生になる時点でそうした経験を積むことは非常に力になります。

合格した際は努力は結果に結びつくということを実感することが出来ますし、万が一不合格だった場合にも何かを継続して行う大切さが分かります。
もちろん、まだ子供ですので結果に結びつかなかった際のケアも大切です。
一緒に頑張ってきたご両親も悲しみはあるでしょうが、一番つらいのはお子さんだというのをしっかりと認識したうえでお子さんの気持ちに寄り添ってあげることが重要です。

辛い気持ちに蓋をするのではなく、気持ちを外に出させてあげるようにしましょう。
そして、何より大切なのは失敗したからといってダメだという訳ではないということをきちんと伝えてあげましょう。

自分が、頑張る姿を一番近くで見ていたお母さんに、今までの努力や頑張りを認めてもらえるのは嬉しいことです。
結果にかかわらず、どんなときも大切に想う気持ちは変わらないことをお子さんに伝えることで家族の絆を深めることが出来るでしょう。

初めて自分の力で挑戦をしたお子さんに、それまで我慢していた好きなことをさせてあげる、家族と楽しく過ごす時間を作ってあげることで、これまでの頑張りを労ってあげましょう。
中学受験は結果に関わらずその経験がお子さんの力になるはずです。